【スポンサーリンク】





ワイルドスピード・スーパーコンボを見てきました!

【スポンサーリンク】





こんにちは、ブロガーのねるです😃今回のブログ記事では「ワイルドスピード・スーパーコンボ」を観に行きましたので、その感想について述べたいと思います。ワイルドスピードシリーズがとにかく好きで、以前から予告を見ており上映を楽しみにしていました😃

今回の記事では一部ネタバレが含まれていますが、ワイルドスピード・スーパーコンボをちゃんと観たい方は映画鑑賞をおすすめします

ワイルドスピード・スーパーコンボとは?

ワイルドスピード・スーパーコンボは2019年8月02日上映開始のワイルドスピードシリーズの作品です😃今までのワイルドスピードとは違い、ヴィン・ディーゼルなどの過去のシリーズの人物が登場していなく、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)、デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)、ハッティ(ヴァネッサ・カービー)中心になっています。

ワイルドスピード・スーパーコンボの主要キャスト

ホブス(ドウェイン・ジョンソン)

ドウェイン・ジョンソン

引用元:wikipedia

ドウェイン・ジョンソン(Dwayne Douglas Johnson)、1972年5月2日生まれのアメリカ合衆国の俳優、プロレスラーです。ムキムキで超マッチョな体格が印象的ですね。ワイルドスピード・スーパーコンボでは「ホブス」を演じています。

ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は今回のワイルドスピード・スーパーコンボにおいても「頭脳よりも力で解決してやるぜ😃」という印象が強かったですね。

デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)

ジョンソン・ステイサム

引用元:wikipedia

ジェイソン・ステイサム(Jason Statham)は、1967年7月26日生まれのイギリスの俳優です。ロージー・ハンティントンとの間では第一子がいますが、実際には結婚していないです。2019年08月12日現在、年齢がなんと52歳ですが、見た目がとにかく若く、作品では冷静沈着・紳士的な役を演じているのが特徴的です。

ショウ(ジェイソン・ステイサム)は過去のワイルドスピードでは「スカイミッション/sky mission」で登場しており、敵役だったんですよね。それで次作の「ワイルドスピード・Icebreak」では仲間に加わります。

今回のワイルドスピード・スーパーコンボではホブスと同じく味方を演じており、最後まで果敢に敵に立ち向かいます。

ハッティ(ヴァネッサ・カービー)

ヴァネッサ・カービー

引用元:https://handymikan.com/vanessa-kirby-7841

ヴァネッサ・カービー(Vanessa Kirby)は、1988年4月18日生まれのイングランドの女優さんです。金髪で美人で身長が170センチもあり、スタイルもいいのが特徴。

ワイルドスピードシリーズでは今回は初登場となり、格闘シーンがかっこいい!

ワイルドスピード・スーパーコンボではショウの妹役を演じており、作品のキーパーソンでもあります。

ブリクストン(イドリス・エルバ)

イドリス・エルバ

引用元:wikipedia

イドリス・エルバ(Idris Elba)は、1972年9月6日 生まれのイギリスの俳優です。他の映画作品ではアベンジャーズにも出演していることがあります。

ワイルドスピードシリーズでは初登場となり、今回のワイルドスピード・スーパーコンボでは最大の敵役を演じています。予告でも見ての通り、銃が全く効かないキャラクターとなっており、視聴者を驚かせるシーン万歳です。

ワイルドスピード・スーパーコンボの見どころはここ!

ホブスとショウは手を組む?

ワイルドスピード・スーパーコンボ

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=EqZBol1l0_I

ホブスとデッカード・ショウは過去のワイルドスピードにおいても仲が悪いですが、今回の作品では手を組む形となります。

映画の予告とか見ても手を組んでるシーンは一目瞭然でしょう。

手を組んでいる理由として強力な敵と立ち向かうため、そしてハッティと共に行動するためにミッションを遂行していきます。

今回の作品の鍵を握るのはハッティ

ハッティ(ヴァネッサ・カービー)はショウの妹を演じており、今回のワイルドスピード・スーパーコンボの重要となる鍵(ネタ)を握っています。見どころのポイントはこちらの2つです。

  • ハッティを助けるためにショウとホブスは協力する。
  • 何故、敵はハッティを追いかけるのか?
そもそもハッティを助ける理由をここでバラすとスーパーコンボの最大のネタ晴らしになるため、気になる方は映画をご覧ください😃

最後に

ワイルドスピード・スーパーコンボはとても迫力があるシーン万歳で、今までの作品に比べると、ホブスやショウ達の対敵との格闘シーンが多かったの印象的でした。

銃社会であるアメリカに対し、「銃を使わずに力で解決するよ!」と言わんばかりのセリフを主人公が言い放つのも印象に残ったのである。

【スポンサーリンク】





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする