「ひつじのショーン」のコンセプトカフェが南町田グランベリーパークにオープン!

南町グランベリーパークに「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」をオープン

2019年11月13日にまちびらきを予定しているのが、南町グランベリーパークです。

「ひつじのショーン」といえば、世界的アニメーションスタジオ「アードマン・アニメーションズ」によるクレイ・アニメーションの作品です。

日本でも、子どもだけではなく、大人でもファンが多いのではないでしょうか。

「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」とは

株式会社東急レクリエーションが展開するコミュニティカフェ事業で出店するものです。

全世界170の国や地域で愛されているクレイ・アニメーション「ひつじのショーン」の世界観に浸りながら、キャラクターやイギリスに縁のあるメニューやグッズを購入したり、ワークショップやイベントなども体験できます。

「ひつじのショーン」とは

イギリスのアードマン・アニメーションズ製作のクレイ・アニメーション。発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー「ウォレスとグルミット、危機一髪!」(1995 年/英)に初登場したひつじのキャラクターがショーンです。人気が出たショーンを主人公にしたスピンオフ作品として「ひつじのショーン」(2007年/英) が誕生しました。ショーンとその仲間の動物たちが牧場で巻き起こすユーモアあふれるストーリーのドタバタコメディーです。個性的なキャラクターが沢山いることも魅力のひとつで、現在では世界170の国と地域で愛されている人気の作品です。
本年は長編映画第2弾『映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!』
(A Shaun the Sheep Movie:Farmageddon)の公開が予定されています。

メニュー例

【ひつじのショーンのアップルクランブル】

イギリスの家庭的な冬の定番スイーツ。甘酸っぱいりんごのコンポートにサクサクのクランブルをのせて焼き上げ、アイスクリームと生クリームをのせてサーブした逸品。クランベリーソースを添えてお召し上がりください。

【ビッツァーのハンバーグプレート】

顔はオニオンとターメリックのピラフ、鼻はビーフハンバーグ(下にカレーソースが隠れています)。耳はソーセージ、帽子はハーブティーで色づけしたマッシュポテト。小学生の男の子にビッツァーのファンが多いので、男の子の大好きなものをたっぷりのせて仕上げました。

【いたずらブタのよくばりロール】

いたずらブタが覗き込んでいる様子をロールパンのサンドイッチにしました。ブタはビーツ入りマッシュポテト。具材はカレー風味のカーネーションチキンやソーセージと野菜の煮込み、マカロニチーズなどボリューム満点!

【シャーリーのグラタンオムライス】

ピラフごはんにチキンとラタトゥイユをのせて卵をかぶせ、グラタンソースとチーズをたっぷりかけて焼き上げました。チーズがとろける熱々オムライスです。

店舗概要

店名 「ひつじのショーンビレッジ ショップ&カフェ」
場所(住所) グランベリーパーク 中央街区(セントラルコート)
東京都町田市鶴間3丁目4‐1
延床面積 約82坪
客席数 75席
ホームページ https://shaunvillage.jp/