【スポンサーリンク】





プロテイン摂取のタイミングは?効果的な時間!

【スポンサーリンク】





基本的な飲み方

プロテインの摂取タイミングは一体いつがいいのか?

よりプロテインの効果が生かせるのは?

たんぱく質は一度に大量摂取しても、体内に蓄積されないので3度の食事と3回のプロテインを組み合わせて1日6回程度に分ける事が筋肉を発達させる秘訣である。

とはいうものの、1日6回は大変であるw

そこで最低限であり、最大限である効果的な時間をご紹介します。

トレーニング直後

まず筋肉が一番発達しやすいのは、トレーニングによって筋肉が破壊され、それを回復しようとする、トレーニング直後の「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間である

ゴールデンタイム=運動後、30分

このゴールデンタイムに血中のアミノ酸濃度(アミノ酸:たんぱく質を構成する分子の事)が高く保たれていれば、効果的に筋肉の回復&超回復に使用される

トレーニング直後にプロテインを摂取すれば「ゴールデンタイム」を逃さない。

就寝前

◎就寝前はなぜ効果的なのか◎

就寝前にプロテインを摂取するのが効果的な理由は、成長ホルモンが影響しています。

睡眠をしている間、人間の体には多くの成長ホルモンが分泌されています。

成長ホルモンとは脳下垂体から分泌されているもので、体の機能をコントロールする役割や筋肉量を増やす役目を担っています。

成長ホルモンの特徴はタンパク質の吸収を促すこと。

そして、成長ホルモンが活発に機能しているときにタンパク質を補ってあげると、さらにタンパク質の吸収を高めることができます。

タンパク質の吸収を高めると、筋肉量を増やすことにつながります。

タンパク質は肉や魚などの食品から摂取できる栄養素ですが、足りない場合に手軽に補えるものがプロテインです。

就寝前に肉や魚を食べるのは現実的ではないので、プロテインを活用すれば手軽に筋肉量を増やすことができますね。

寝る前の最適な時間

就寝する30分~1時間前を目安としてプロテインを飲むことをおすすめします。

理由は2つあります。

理由① 就寝直前の飲食は胃に負担がかかるため

水やお茶と違いプロテインは、栄養素をしっかり含んでいます。

寝る直前に摂取してしまうと、せっかく休もうとしている胃や腸に負担をかけてしまうことになります。

胃腸の弱い人であれば、胃痛や胃もたれの原因になることも。

理由② 成長ホルモンが分泌されるピークに合わせるため

睡眠中に多くの成長ホルモンが分泌されていることをご説明しましたが、寝ている間ずっと大量に分泌されているわけではありません。

ピークは就寝後30分~3時間後と言われています。

そして、プロテインは摂取してから体に吸収されるまで時間がかかります。

ですので、就寝する時間から逆算して、その30分~1時間前に飲んでおけば、

成長ホルモン分泌のピークに間に合うのです。

寝る前のプロテインは太る?ダイエットに影響は?

「寝る前にプロテインを飲むと太る」「就寝前のプロテイン摂取はダイエットに逆効果」ということを耳にしたことがあるかもしれません。

これらは基本的には事実ではありません。

太るかどうかは摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって決まります。

単純に言うと、1日トータルの摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、太る可能性があります。

寝る前にプロテインを摂取することだけで決まるわけではありません。

ただし、せっかくプロテインを補給して体を鍛えようとしているのですから、カロリーコントロールはとても大切です。

カロリーの消費と食事全体の摂取のバランスを万全に行った上で、寝る前にプロテインを摂取しましょう。

朝は、体の中から水分や栄養素などが枯渇してしまっている状態です。

筋肉を大きくする役割を持つタンパク質も同様に欠乏しています。

その状態でプロテインを摂取すると、効率的なからだづくりに役立つのです。

しかも、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは、タンパク質を利用して体の修復を行っています。筋肉の痛みや体の疲れが朝起きるとなくなっているのは、成長ホルモンやタンパク質のおかげなのです。

したがってタンパク質は朝、体の中からきれいになくなってしまっているのです。

体にとって大切なタンパク質。ぜひ毎朝補ってあげたいですね。

ただ、忙しい現代人にとって朝食にかけられる時間は少ないものです。

パンとコーヒー、シリアルだけではタンパク質はほとんど含まれていません。

肉や魚、豆腐などをしっかり摂取したいものですが、準備する時間も食べる時間もなかなか取れないのが現実です。

プロテインはタンパク質を多量に含みながら手軽に摂取できるのでぜひ活用しましょう。

朝起きてできる限り早い時間がおすすめです。

就寝前とは異なり「起床後○分以内」といった目安はありませんが、体内でタンパク質が切れてしまっている状態を少しでも短くするのが良いでしょう。

ただし、起床後すぐは喉を通りづらい、朝起きてすぐはつらいということもあります。

その場合は、まずは水分を摂取して体が目覚めた頃にプロテインを飲むか、あるいはぬるま湯やオレンジジュースと混ぜてさらっと飲めるよう工夫するのがおすすめです。

朝食代わりにプロテインを飲んでもいい?ダイエットになる?

タンパク質のみ含まれているプロテインを摂取する場合は、フルーツやパンなどを同時に摂取する事がおすすめです。

また、あまり時間がなく朝食代わりに摂取する場合は、ビタミンがミネラルがバランスよく含まれているプロテインを摂取することが良いでしょう。

そして、プロテインの場合は余分な脂質が含まれていない事が多く、結果的に摂取カロリーを抑えることができ、ダイエットに最適だといえます。

まとめ

なかなか忙しい現代に食事での管理は難しい方もいるかと思います。

うまくプロテインを活用してたんぱく質などを摂取して、ベストなタイミングで効果を最大限引き出す事が筋力アップや、ダイエットをサポートしてくれるでしょう。

プロテインを飲むのと、飲まないとでは回復力や成長に大きく差が出来ると思います。

ぜひプロテインを有効活用してくださいね。

【スポンサーリンク】





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする