【スポンサーリンク】





米で銃乱射!!「ウォルマート」の犯人の動機の真相!!

【スポンサーリンク】





こんにちわ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

初心者ブロガーの女子大生のマミです。

米南部テキサス州エルパソのショッピングセンター「ウォルマート」で3日午前10時(日本時間4日午前0時)ごろ、銃乱射事件がありました。

米の銃乱射 ヒスパニック系移民を狙った犯行!!

米南部テキサス州エルパソのショッピングセンター「ウォルマート」で3日午前10時(日本時間4日午前0時)ごろ、銃乱射事件があり、地元警察によると、20人が死亡、26人が負傷した。米メディアによると、乱射したのは21歳の白人の男で、現場で身柄を拘束された。

メディアによると、容疑者とみられる人物は事件前、インターネット上に4ページにわたる「犯行声明」を投稿。「これはテキサス州へのヒスパニックの侵略に対する行動だ」と書き込んでいた。また、ニュージーランド・クライストチャーチのモスク(イスラム礼拝所)で今年3月に起きた銃乱射事件の被告を「支持する」とも主張していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00000007-mai-n_ame

とんでもないニュースが又入ってきました!!

アメリカ南部のテキサスにおいて20人が死亡する銃乱射事件がおきたのです。

とても痛ましい事件が起こりました。アメリカで銃を乱射して20人性死亡させると言うとんでもないニュースです。

日本だったらまずありえないことなのですが、皆さんの身近にも起き得ることです。

充分注意して普段から行動するようにしましょう。

犯人の動機は?そして素顔は?

ロサンゼルス=久保庭総一郎】AP通信などによると、3日午前10時(日本時間4日午前0時)頃、米南部テキサス州エルパソのショッピングセンターで銃乱射事件があり、20人が死亡し、少なくとも26人が負傷した。地元警察は、州内在住の白人の男(21)の身柄を拘束し、犯行当時の詳しい状況を調べている。

地元メディアによると、男は犯行前に、メキシコ系住民や移民を非難する犯行声明をネット上に投稿していた。捜査当局は白人至上主義的な思想が背景にあったと見て動機を調べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190804-00050109-yom-int

メキシコのヒスパニックを狙った犯行、でおそらく宗教がらみそういったものが犯行動機となってくると思います。

ネット上には、犯行声明を載せており、アメリカのトランプ大統領は痛ましい事件が起きたとTwitterで声明を発表しているようです。

あとがき

日本ではまだ銃乱射事件や似たような凶悪犯罪事件がまだ発生していません。

それは日本で銃刀法違反と言う法律が存在するのと、日本で武器を所持すると言うことができないからです。

アメリカでは自分の身は自分で守ると言う、銃を所持するということが許されています。

ただ日本でも武器を所持したり刃物やガソリンで建物を破壊したり、人を刺すと言う事件が起きてきています。

皆様もそういったことに巻き込まれないように普段から気をつけると言うことをしたほうが私はいいと思います。

普段から気を付けて行動をしましょう。

【スポンサーリンク】





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする