BLOGを1,000文字書かけばいい時代は終わり!感銘を受けるBLOGを書きましょう

こんにちわ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

初心者ブロガーの女子大生のマミです。

今回ブログ記事のSEO対策について大切な文字数について解説しようと思います。

ただやみくもに記事を書けばいい訳でなくきちんとした

文字数で書かないとSEOに引っかからなくなってしまいます。

f:id:kawauso_syacho:20190717122703j:plain
BLOGを1,000文字書かけばいい時代は終わり!感銘を受けるBLOGを書きましょう

 ブログの文字数は必ず意識して記事を書く事が大事

これをきちんと意識していないとブログの文字数は少なくても多くても

SEOに引っかからなくなってしまいます。

文字数が少なすぎると「コンテンツが少ない」と評価をされ

検索エンジンGoogleやYahoo!!にはじまれてしまいます。

そして文字数が多いと「ユーザーが読む気がしない」・・・

実際私も5,000字を超えたあたりから離脱したくなります。

大体の理想は1,000字以上~3,000字程度までが理想

そんなのは解ってると言われる方も多いと思いますが、特にアドセンス

の審査が受かってないBLOG初心者は必ず心がける事が必要です。

ただ、文字数が多いとコンテンツが充実していると評価をうけるらしく、

文字数が多いBLOGは評価が上がる傾向にあるようです。

1,000文字書けば大体大丈夫だと思いがち

このように思い始めてしまいます。

人間の心理的にみんなが1,000文字・・・

ネットでも1,000文字書けばいいからかけばいいんじゃない?

って思ってしまうんです。

そんなことはなく、きちんと自分の考えや経験を

フルアウトして良い記事を作成するのが理想なのです。

様々なブログを検証してみましたが平均して3,000文字~7,000文字というブログ

もあれば1,000文字から3,000文字というブログもあり様々です。

人と言うのは一生懸命な人間に

感銘を受けますのでどのBLOGでも、ど

ういったBLOGでも・・・

あ、このBLOGどこかで見た事ある!!

ような記事には全然目を惹かれません。

大体経験ありませんか?

どこかのキュレーションサイトや、他のBLOGから

記事をひっぱってきたんじゃないのか?の様なBLOG記事。

そのような記事に誰が感銘を受けるのでしょうか?

ブロガーの意識として必ず意識しなければいけないのが読み手の意識です。

読み手に感銘を受けるBLOGの書き方とは?

色々な感想を言う人が居ると思います。

今日はともかく「刺激」を受けた!!

今日の話は「感銘」を受けた!!

今日の話は「本当」に役に立った!!

この様な言葉を並べる人が沢山いるのがお気づきでいらっしゃいますでしょうか?

大体、この様な感想を人は並べるのです。

なので、受取側は感覚が結構麻痺しているのが解ります。

単純

ああ!!読んでよかった!!

聞いてよかった!!

もう何も言う事がない!!

そのような感想しかないのです。

・・・それって何か欠落してると思いませんか?

自分の感情が欠落してきているのです。

情報がありふれてきていて、人は感銘だったり感動する事が容易になってきている。

そして、似たような情報や記事を書かれれば・・・またか・・・

となるわけです。

感情は揺さぶられたとしてもその後永年続くような感動を与えたり人を引き付ける

事が出来なくなって来てしまう。

そう、

影響を与えるインフルエンサー

発信する側は他のブロガーや記事を書くライター

とは一つ何か発信しているものが途轍もなく変わっているというわけでも

なく、少し何かが違うのです。

そして、人に訴えかかる力が強く、聞き手や読み手に対してもきちんとした

発信がすることができる。

「ハっ!!」とするような事をすぐ発信できるのです。

f:id:kawauso_syacho:20190717122633j:plain
ハッとする記事を見た瞬間

自分にとってどういう意味があるのか?

自分はどういう存在か?何を訴えかけたいのか?

そういうものを発信し続けられる人に人は集まります。

いかがでしたでしょうか?今回はブログの内容について

感銘を受けるBLOGを書きましょうという内容でお届けしました。

また新しい情報を発信いたしますね。

マミでした。

ご意見、ご感想はコメントやSNSにてお気軽に下さい!

ツイッターではリプを貰えると励みにもなりますし、

時間はかかりますが返信し易いです!

今回も熟読・ご愛読ありがとうございます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする